最新最全の 柔らかな質感の ごんた屋 GONTAYA超音波カッターNH7603 溶着の万能工具 切断

ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具

柔らかな質感の ごんた屋 GONTAYA超音波カッターNH7603 溶着の万能工具 切断 12273円 ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具 おもちゃ、ゲーム プラモデル 自動車 12273円 ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具 おもちゃ、ゲーム プラモデル 自動車 /hostess1097341.html,supersportdesign.com,12273円,ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具,おもちゃ、ゲーム , プラモデル , 自動車 柔らかな質感の ごんた屋 GONTAYA超音波カッターNH7603 溶着の万能工具 切断 /hostess1097341.html,supersportdesign.com,12273円,ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具,おもちゃ、ゲーム , プラモデル , 自動車

12273円

ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具

【商品名】
 GONTAYA超音波カッターNH7603

【商品内容】
 本体
・ロングブレード(取付済)
・刃取付金具(取付済)
・予備・刃固定具セット1セット
・予備・イモネジ2個
・取り扱い説明書・保証書付き

【仕様】
 ■最大消費電力
40VA
■公称発振周波数
40kHz
■電源入力
AC100V 50/60Hz
■外形寸法
・本体 173mm×89mm×76mm
・ハンドピースΦ32×148mm(刃含む)
■重量
・本体重量
約360g
・ハンドピース(ケーブル含む)
約100g
■ハンドピースケーブル1.6m(ストレート)

【用途】
・車両テール・ライト・インパネ加工
・切断部再接着機能
・プラスティック加工
・アクリル切断・硬質プラ切断
・プラモデル造形・鉄道模型
・フィギュア
・軽量木材加工
・フロアマット、壁紙、カーボン調カッティングシートの切断
※オプションの交換刃を装着することによって、用途は更に広がります。

【商品特徴】
 ■一般模型工作から、テールレンズ、工場作業、を想定し、メーカーのエコーテック・本多電子社と設計したモデルが、コードネームNH7603超音波カッターです。

■超音波カッターに何ができるのか
超音波カッター本体の電源を入れて、ハンドピースのスイッチを押せば、装着した刃が毎秒4万回振動。
この振動でプラスチック・アクリルなどを切断します。
この時、カットする素材と刃の振動による摩擦熱で、素材が少し溶けます。
無理やり力を加えてカットしようとすると、この「溶け」が大きくなるので、力任せに切らずに、ゆっくり切っていくのが綺麗に切るコツ。

■超音波カッターの使い方
超音波カッターには、ごんた屋専用モデルのために開発された交換刃「ロングブレード」が標準装備されています。
ロングブレードは、刃渡りが長く、プラスチック切断や、テールランプの殻割りに打ってつけ。
切れ味抜群です。

切断だけじゃない 溶着もできる超音波カッター
切断だけではないのが、超音波カッターの優れたところです。
先ほど、素材と刃の振動による摩擦熱が発生すると書きました。
これを利用して開発したのが、「溶着刃」です。

■超音波接着ができる(溶着)
溶着とは、プラスチック素材を溶かして接着すること。
素材が溶けて融合するので、しっかりとした強度を持たせることが可能。
接着剤ではすぐに取れてしまうような内装の樹脂ステーなどを溶着したり、プラスチック製品の割れ・欠けの補修にも使えます。
テールランプの殻閉じに使う事も可能。
ご家庭では、お子さんのおもちゃ補修などにも大活躍ですね。
溶着刃(別売り)
プラモデルから実車まで対応している唯一の超音波カッターです。

【注意事項】
超音波カッターの電源が落ちる場合の対処法
超音波カッターの電源が頻繁に落ちるのは、超音波カッター本体の中に組込まれている安全装置が働いた事が原因です。
頻繁に電源が落ちる状態で使い続けると、超音波カッター本体の破損に繋がりますので、ご注意ください。
「切れない」・「超音波カッターの電源が頻繁に落ちる」という症状の原因のほとんどは、刃固定具の汚れ・ホーンの汚れ・イモネジの緩みです。
ホーンの汚れは、別売のホーン研磨メンテナンスセットで取り除いて下さい。
イモネジの緩み対策は、刃固定金具に付属のレンチでも可能ですが、超音波カッター用トルクドライバーの方が、
適正トルクで締め付ける事ができ、ネジがナメてしまうのを防ぐ事が可能。
精密な工具になります。イモネジの締め付けと固定金具の定期交換が肝の工具です。
車両のテールランプなどの加工に適していますが、精密電子工具です。
無理に力を入れたり、連続使用すると超音波振動により自身が破壊され溶け出します。
※使用状況や、カットする素材にもよりますが、5分間連続使用したら、少し休憩するのが良いでしょう。 適切な使用方法を守れば末永く愛用できます。
※刃固定金具は定期的に交換して下さい。消耗品です。
 交換しないと電源が入らない、などの症状に陥ります。
使用時には、必ずゴーグルを装着してください。

※画像はメーカーから提供されております共通のイメージ画像となります。

【納期について】
メーカー在庫有りの場合数日での出荷(在庫なしの場合、4週間前後)
※納期はメーカーの在庫や生産状況によって変動致します。
※製造状況によっては、数ヶ月掛かる場合も御座いますので予めご確認をお願い致します。
※納期のクレームは一切お受けできません。

【送料について】
■全国一律【2,000円】
■北海道【3,000円】
※※北海道(一部地域) 沖縄 離島に関しましては※着払い又は、別途送料がかかる場合がございます。

【配送について】
配送方法を二つからお選びください。

※どちらを選んで頂いても追加料金はかかりません。
発送先が、会社・業者様は、
(発送先が会社・業者様の方)を
発送先が、個人宅様は、
(配送先が個人宅様の方)をお選び下さい。

【お支払いについて】
-

※商品詳細にご不明な点が御座いましたらお問い合わせ下さい。







ごんた屋【GONTAYA超音波カッターNH7603】 切断、溶着の万能工具

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

昨日予約していたレンズが入荷したと言う事でセッカ撮影を諦めて引き取って来ました。
PF(Phase Fresnel 位相フレネル)レンズを使用した超望遠レンズです、既にFマウントの556と34を所有していてPFレンズの描写力は理解してますので今回発表になった時点で争奪戦が始めるとの予感から早々に予約を入れてました。
現在は AF-S NIKKOR 600mm f/4E(FL: 蛍石を使ったレンズ)をメインに使ってますが何時も1.4倍のテレコンを使用してる事(野鳥撮影の場合35mm版換算で800mm相当が使いやすいと言う事で800mmが標準レンズと言われてます)と Z9 がメインのボディーに切り替わった事でFTZと言うアダプター経由での撮影になる事、さらにやはり64の重量は重いので場所を選んでしまうと言う少し軟弱な理由から今回入れ替えようと決断した次第です。 新863が問題無ければ早々に64は売却予定です。
さらに背中を押して頂いた鳥友さんと信頼してるUSの写真家(Steve Perry)が絶賛してる事から間違い無いだろうとの判断でした。
また捜査面でレンズの機能がFマウントレンズから大きく進化してるのも見逃せない理由です。
それは2つのファンクションボタンとコントロールリングです。
当方は:
1.LF1ボタン:撮影機能の呼び出し(ホールド)を設定
2.LF2ボタン:AFアリアモード+AF-ON機能の設定でAFエリアモードはシングルポイントに設定
3.コントロールリング:露出倍数設定を割り当て
これらのボタン類やリングの操作に邪魔なレンズコートは付けない事にしました。

早速使い勝手を含めた作動確認テストを実施しましたのでご参考になれば幸いです。

写真1 Z9と新863

写真2 Z9と新863 アダプターもテレコンも無しでスッキリ

写真3 付属のケースが抜群

写真4 Z9を付けた状態で収納出来ます

写真5 解像力テスト 約500m先の電波塔のビスを狙って撮影 64+1.4倍のテレコンで撮影

写真6 解像力テスト 863で撮影 レンズ交換中に曇って来たので少し割り引いて見ないと

写真7 ビスの部分を拡大 左64+1.4テレコン vs 右863 両方とも1.5倍クロップ

ここまで来ると流石に64の解像感は少し上です。しかしながら863も充分に健闘してます。

セッカ愛想悪し

本日はセイヨウカラシナに留まるセッカでも撮影と意気込んで早朝から出掛けたもののさっぱりでした。
3羽のセッカを確認出来てるのですが全く近く所かセイヨウカラシナに来ませんでした。
我慢する事3時間、粘ったのですが残念、予約してるレンズが入ってると言う事で引き取りに移動となりました。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/2000秒 F5,6 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 セッカ

写真2 セッカ

写真3 モンシロチョウ

写真4 モンシロチョウ

写真5 アカテガニカニ 暇そうにしてると蟹が愛想してくれました

写真6 アカテガニ

写真7 アカテガニ
 

白ちゃん滞在中

もう居ないだろうとツグミの白ちゃんを見に行くと居ました。何時もの場所でまったりと採食中です。
公園の方が見て居られたのでご一緒に撮影、白ちゃんの話で盛り上がりました。
他のツグミ達も少し数が少なくなって来たのでそろそろでしょうね。

PS: 本日はZ9の Firmware Ver.2.00 のテストも兼ねてます、色々と確認項目をテストしました。
      AF-C シングルポイントでのフォーカスの迷いが無くなってスーと合焦します。
      ワイドエリアAF Lでの被写体認識で瞳への合焦が格段と良くなってます。
      以前は顔や体全体に変わったりが結構多かったのですが、瞳が見える限り瞳を追従してます。    
      Firmware Upでこれだけ改善するとお見事です。 
      Z9s の様に別カメラに生まれ変わった印象です。

撮影データ:Nikon Z9 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E With FTZⅡ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F5.6 ISO: Auto WB: 晴天

写真1 白ちゃん

写真2 白ちゃん

写真3 白ちゃんの相方?

写真4 白ちゃん

写真5 白ちゃん

写真6 白ちゃん

写真7 白ちゃん

写真8 白ちゃん

写真9 白ちゃん

写真10 白ちゃん

Nikon Software 更新

Nikon Z9の大型Firmware更新の影響で影が薄くなってますが NikonのRAW現像ソフト等の更新も合わせて実施されてます。
NX Studio , Picture Control Utility2 , Camera Control Pro2 , NX Tether , Web Cam Utility です。
当方も順次Updateして無事稼働してます。
特にNX Studio は更新内容の記載には無いのですが処理速度が上がった気がします、コードの最適化が実施されてるのではと推測されます。

本日はZ9の更新されたFirmware での設定に関するマニュアル『Z9活用ガイド』(ファームウェアバージョン 2.00 補足説明書』をダウンロードして内容を確認しながら設定し作動を確認しました。
静止画の撮影に関する設定項目では:
1.ファインダーの高フレームレート表示 カスタム設定 d20 120FPS 表示
2.プリキャプチャ機能の設定と動作確認
3.ワイドエリアAF(C1)及び(C2) の設定と作動確認 
4.撮影機能の呼び出し(ホールド)の設定と作動確認  
5.モニターモードのファインダー優先の設定と作動確認
と言った所が要点かと思われます。

キャッチアップ画像として先日撮影したキジ飛翔をUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/1000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 キジ

写真2 キジ

写真3 キジ

写真4 キジ

写真5 キジ

写真6 キジ

写真7 キジ

写真8 キジ

写真9 キジ

写真10 キジ

Nikon Z9,Z7ii,Z6ii Firmware Update

既にアナウンスされてましたZ9の大型Firmware 更新とZ7ii,Z6ii の Firmware 更新が本日リリースされました。
これで当初から案内されてた動画機能(8K60P、RAW記録等)の機能Up、AF周りの改善や新たなAFエリアモードの追加(Wide Area AF C1 及び C2)そしてプリキャプチャ機能さらに撮影機能の呼び出し(ホールド)と言った撮影の基本機能が格段と向上します。
後は使いこなせるかが大きなポイントでしょうね。
Z6ii,Z7iiに関してもAFの背景抜けが改善されるとの事ですので期待出来ます。

既に当方所有の Z9 及び Z6ii を更新しました、問題無く更新出来て今まで設定した項目も引き継がれてます。
時間があまり取れなかったので軽くテストしましたがAF周りかなり改善出来てる感じです。
またAFエリアモードC1 C2 の設定を行いテストしましたがこちらもGoodです、また期待のプリキャプチャ機能も軽くテストしました、良いですね。
現行のフルサイズミラーレスでZ9が最高の機能を持つカメラになりましたね。

と言う事でキャッチアップ画像として昨日撮影したケリの子育てをUpさせて頂きます。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/1000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 Z9 Firmware Update中

写真2 ケリ

写真3 ケリ

写真4 ケリ

写真5 ケリ

写真6 ケリ

写真7 ケリ やっと見つけた雛 後ろ向き

写真8 ケリ

写真9 ケリ

大池散策

毎年何が入るかとても楽しみにしてる大池ですが今年は大きな異変があってちょっと厳しそうです。
理由は養殖業者が撤退した事で毎年稚魚や小エビを5t程放流して年末に水揚げを行ってるとの事ですが今年はその稚魚や小エビの放流がありませんでした。
なので例年に比べると小魚やエビ等がとても少ない状態だと推測されます。
今日はじっくりと散策して様子を見て来ましたがやはり鳥影が少ないです。特にこの時期ですとカイツブリが彼方此方で大きな声で鳴いてる様を見かけられるですが今年はとても少ないです。
自然に増える餌だと暮らせる個体数にも限度があるのでしょうね。

撮影データ:Nikon D500 AF-S Nikkor 500mm f/5.6E 露出Mode:Manual 1/1000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 カイツブリ

写真2 カイツブリ

写真3 カイツブリ

写真4 キンクロハジロ

写真5 キンクロハジロ
Q9Q9 スカイライン ハコスカ GT 4ドア用 GT-Rリアフェンダーアーチ仕様 左右 セット FRP製 未塗装 加工用 アーチ GT-R仕様 旧車 KGC10 C10

写真6 キンクロハジロ

写真7 キンクロハジロ

写真8 コガモ

写真9 コガモ

写真10 ツグミ

渚のチドリ達

本日は朝から管理してるお店のHome Pageメインテナンス、料金変更に関する修正なので慎重に対応。
と言う事で昨日撮影した渚のチドリ達をUpさせて頂きます。
太陽が燦燦と照ると海が青く綺麗に輝き素晴らしい渚の風景となる訳ですが、撮影となると陽炎に悩まされる状況でもあります。
昨日も陽炎でダメなカット続出でなかなか難しいものです。

撮影データ:Nikon Z9 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ With FTZⅡ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天

写真1 メダイチドリ

写真2 メダイチドリとトウネン

写真3 メダイチドリ

写真4 メダイチドリ

写真5 メダイチドリとトウネン
ホンダ CB400SF CB400SB NC42 ヨシムラ チタンフルエキマフラー 検/モリワキ アクラポヴィッチ アールズギア TSR

写真6 メダイチドリ

写真7 メダイチドリ

写真8 シロチドリ

写真9 シロチドリ

写真10 メダイチドリ

渚のチュウシャクシギ

そろそろ浜辺にシギ、チドリ達が入り出したと言う事で南の河口へ出掛けて来ました。
干潮の時刻を見て少し遅めの出発、車を走らせてると地元の鳥友さんからお電話、チュウシャクシギが10羽程入ってるとの事、場所を確認して現場へ。有難う御座いました。
青空が映える綺麗な渚にチュウシャクシギが入ってました、まだ落ち着かないのか人の気配を感じると飛び去るので距離有りの撮影でしたが、渚のチュウシャクシギ撮れました。

撮影データ:Nikon Z9 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ With FTZⅡ 露出Mode: Manual 1/3200秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天

写真1 チュウシャクシギ

写真2 チュウシャクシギ

写真3 チュウシャクシギ

写真4 チュウシャクシギ

写真5 チュウシャクシギ

写真6 チュウシャクシギ

写真7 チュウシャクシギ

写真8 チュウシャクシギ

写真9 チュウシャクシギ

写真10 チュウシャクシギ